遊び場所・スポーツ

【保存版】ひとりっ子関東遊び場5選


今週末どこに連れて行こうかなー。

質問パパ

どこか穴場的な場所にいきたいなぁ。

今回はそうした場所を5選厳選しました。

おすすめの行き方や裏技的なチケットの買い方なんかもどんどん紹介してゆきます。

結論から言うと

この5つの場所がめちゃくちゃおすすめです。

質問パパ

どうしてこの場所がおすすめなの?

  1. 友達ができやすい
  2. 自然を味わえる
  3. リピートしたくなる
  4. 駐車場(駐輪場)が格安
  5. 入場料等が無料(格安)

それでは紹介します!


サマーランド

子供が全力で遊べる遊園地!

基本情報

住所 〒197-0832 東京都あきる野市上代継600

HP https://www.summerland.co.jp/

おすすめのポイント

1.チケットはメルカリ・ヤフオクで購入しよう!

サマーランドを特におすすめする理由はチケットの買い方にあります。

毎年4月の中旬頃よりフリマサイトでじわりじわりサマーランドの株主優待券が出回ります。

通常料金(大人)子供料金(小学生)フリマサイト
通期(3・4・5・6月)¥2600¥1500¥350〜(約8割引)
夏期(7・8・9月)¥5200(トップシーズン)¥3700(トップシーズン)¥2200〜(約6割引

特にフリマサイトの夏季のチケットは夏休み・お盆休みが近くなってくると値段が跳ね上がってきますのでその前までに買っておくことをお勧めします。

2.6月の土日は一番お勧め!

サマーランドのトップシーズンは外のプールデカスラも解放されるため多くの人で賑わいます。

-デカスラ-

つまりデカスラ乗るのに1時間待ち〜なんてのもザラです。

こうした混雑を避ける裏技が6月の土日なんです。

6月の土日限定でデカスラや外のプールを限定解放!

しかも通期料金で利用できるんです!

3.バイク・自転車で来よう!

サマーランドは駐車料金が高い!

駐車料金(車)

平日1500円
土日祝2000円

駐輪料金(自転車・バイク)

平日300円
土日祝300円

しかも車はかなり早めに行かないとメインの駐車場へは行けず、送迎バスで移動の第二駐車場になってしまいます。

ちなみに駐車料金の支払いは現金のみです。ご用意をお忘れなく。


ファンモック

運動不足が30分で解消!

基本情報

住所 〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327‐6 メッツァ内

HP https://panza.co.jp/miyazawako/

おすすめのポイント

1.年間パスポートを購入しよう!

大人(7歳以上) 1日フリー ¥3200
大人(7歳以上) 90分 ¥2200
大人(7歳以上) 60分 ¥1800
子供(3−6歳) 1日フリー¥1200
年間パスポート(1人)¥20000
年間パスポート(2人)¥35000
注:幼児無料・12歳以下のみでの利用はできません。大人の同伴必須。

単純に年間パスポートを親子(7歳以上2人)で購入すると

1日¥6400✖️6回=¥38400

で6回(2ヶ月に一回程度)で元が取れる計算になる。

また年パスのよさはそれだけではない!

  • 安全講習の免除
  • 相当混雑していても待つことなく、どの時間からでも入れる
  • 時間に煽(あお)られない
  • 顔パスになってゆく
安全講習の免状

何回も行くようになると意外に億劫に感じるこの講習。

おおよそ10分程度あります。

何回も同じことを聞かなくても良いので遊ぶ時間が増えます。

相当混雑していても待つことなく入れる

土日祝日は遠方から来る人も大勢いるため

WEBで予約している人が

指定時間になるまで列を作って待っていることがよくある。

しかしそもそもこの列に並ばずに、現地に付き次第

即座に入って遊べます。

時間に煽(あお)られない

遊び場に慣れてくるとなんだかんだ友達ができてきて見知らぬ子供達同士で遊び始めることがあります。

90分は長いようであっという間です。

せっかく出会えたのに勿体ないなぁ。と何度思ったか・・・。

顔パスになってゆく

ファンモックのスタッフ方に顔を覚えてもらえると

色々と煩わしい事務作業(腕輪を着ける等)を省いてもらえることが

良くあり、気持ちよく遊べる時間が増えます。

2.屋内の遊具でのんびりしよう

ファンモック内は持ち込飲食も大丈夫です。

また本物のハンモックやテーブルなどもありとても森林の中でゆったり過ごせる感覚が味わえます。

子供が友達を作って遊んでいるのを傍に

ハンモックでKindle読んだりなんてのもおすすめです。

特に子供の遊び相手に疲れた時なんかに良いです。

安心感と解放感で満たされます。

3.時には体を休めよう

ファンモックの運動量はかなり多いです。

大人の方でも30分もいれば大量の汗をかきます。

少し疲れてきた時におすすめなのがファンモックの前にある

カヌー工房です。

ここでは300円程度で材木を使ったワークショップを体験できます。

4.バイクで来よう!

ファンモックはムーミンバレーパーク内にあるためこれらの駐車場なり駐輪場を使用します。

平日土日祝(1時間)土日祝(1日)
無料500円1500円
バイク無料無料無料
「メッツァビレッジ」にて合計5,000円(税込)以上のお食事やお買物などを購入した場合は、土日祝の駐車場料金を無料。

ちなみに公共交通機関もあり飯能駅から200円(片道)の直行バスもあります。

ムーミンバレーパーク アクセス:https://metsa-hanno.com/access/

5.持ち込みまくろう!!

基本的に年中やっているファンモックですが特に夏にかけて行かれる方は

  • 水筒
  • タオル
  • 着替え
  • 動きやすい運動靴
  • お弁当等

これらを持ってゆくのをおすすめします。

水筒

最低一人2つくらい持って行ったほうがようです(氷ガンガンに入れて)。自販機やお茶などありますが焼石に水状態になります。

最近出ました。重宝しますよ〜。

タオル

よくある冷却タオル

みたいなものがおすすめです。

着替え

全般的に運動する方におすすめなのは圧倒的に

シルクを使った下着です。一回着てみると病みつきになります。

特に敏感肌の方ぜひ使ってみて下さい。

安いものですとワークマンなどでメリノウール生地を買うと良いと思います。

動きやすい運動靴

ファンモックにはレンタルの靴もあります(無料)

うちはこれ一択です。

お弁当等

ムーミンバレーパーク内にはレストランやキッチンカーなどがあるので周辺で食事も簡単に取れます。

ただおすすめなのはお弁当などを持ち込みファンモック内で食べる事です。

プチキャンプを味わえますよ!


吾妻峡

飯能の秘境!

基本情報

住所 〒357-0065 埼玉県飯能市大河原

HP https://hanno-tourism.com/

おすすめのポイント

1.水がと〜ても綺麗!冷たい!

吾妻峡はプチ秘境のような場所で川の上流部にあるためかなり水が綺麗です。

お魚・サワガニなんかも時折見られますよ。

かなりの透明度
空気もひんやりしてます。
ハイキングポイントでもあるようです。

都心から日帰りで来て、こんな綺麗な場所がある事に驚かされます。

この周辺にはこうした川遊びができる場所がいくつかあります。

そうしたなかでも吾妻峡は上流部にあるため水や空気がとても澄んでます。

2.川を流れて遊んだりできる

ドレミファ橋(上の写真の橋)

を挟んで上流・下流と流れの早い場所があり浮き輪等を使い

自然の流れるプール状態になれます(小学生以上におすすめ)。

紐付き浮き輪で引っ張ってあげながらいっしょに流れてあげると安心です。

3.飛び込みポイントがある

私達ははまだやっていないのですが大きく2箇所飛び込みポイントがあり

地元の子供たちが順番に飛び込んでます。

真ん中の岩からドボン
岩山からドボン

意外だったのは女の子が何人かドボンしてました(*_*)。

娘は目を丸くして見てましたが、やっぱり怖くてまだ飛べてません。

4.穴場の駐車場を利用しよう

車で来る場合、駐車場に困ることがあります。

その場合おすすめなのは

大河原自治会館の目の前にあるこちらの駐車場です。

普通の民家っぽく少し敷居が高いように感じますが

料金を入口の缶に入れれば大丈夫です。

1日300円とかなり良心的です。

5.持参物を工夫しよう

持ってくるものによって場所の楽しさが倍増します。

特に吾妻峡でおすすめの遊びは

  • 魚取り
  • 沢遊び
  • 周辺探検
  • BBQ
  • ただただぼーとする
魚取り

結構大きい(と言っても親指程度の大きさ)魚から小魚まで上流に行けば行くほど見つけられます。

網やバケツ等があると時間を忘れて没頭するくらい、いい時間が過ごせます。

どちらもかさばらない折りたたみ式がオススメです。

沢遊び

まだ水の中に怖くて入れない子供は沢遊びするといいでしょう。

足を水につけるだけでもとても喜びます。

ただ砂利が多く裸足だとかなり歩きづらので

マリンシューズ・サンダルはあると便利です。

周辺探検

周辺はハイキングコースにもなっていますので下流の方へ探索してみても面白いです。

ちなみにトイレは一番近くても大河原自治会館前のトイレしかありません。

歩くと10分程度かかる。
比較的綺麗です。

もしもに備えて

あると安心です。

BBQ

テントスペースも多く家族連れでキャンプしてる人もいます(多分こっそりと)。

BBQ等は自由にやって大丈夫です。

川辺で子供を遊ばせながらビール片手になんて人も結構居ますよ。

テントスペースはありますが敷物がないと痛いです。

簡易テントは持ち運び簡単で前が開いてないタイプがオススメ(着替えるため)です。

簡単なBBQ道具で焚き火などしても楽しいですよー。

ただただぼーとする

テント内やリラックスチェアでぼーとする。

周囲を360℃見渡せますのでとてもリラックできます。

森の中という感じがとても感じられ、鳥の声に癒されます。

至福の時間になるはずです。

注意点

吾妻峡は秘境的な場所にあるため観光地化されていません。

川辺に行くまで山道(5分くらい)を昇り降りしないと行けません。

入口
結構急な下り
荷物が多いと一度では行けないこともあります。

ビオパーク越生

110円で1日過ごせる!?

基本情報

住所 埼玉県入間郡越生町上野3083−1

HP https://opark.jp/

おすすめのポイント

1.小学生以下110円で利用可能!

下に紹介する全ての施設(岩盤浴は除く)をなんとパパママカード利用で小学生はいつでも¥110円で利用できます。

家族分が対象ですので1枚でかなりお得です。

平日土日祝夜間
(19時以降より入る方)
パパママ利用
大人(中学生以上)¥825¥880¥500通常料金
子供¥330¥440¥220¥110
幼児(3歳から小学生未満)¥220¥220¥110¥110
他の自治体(東京都の子育て応援カード等は利用不可)

1.温水プール

ビオパーク越生は宿泊施設もあるのですが日帰り入浴なども行っています。

ビオパークで特におすすめなのがこのプールです。

理由は異性でも一緒に入れるお風呂みたいだからです。

・ドライサウナ

・スチームサウナ

・水風呂

こうした施設も充実してますので、とても良い汗かけますよ。

水遊び用の簡単なおもちゃや浮き輪等も自由に使えるので手ぶらできても楽しめます。

2.お風呂

露天風呂などもありとてもゆったりと過ごせます。

プールから更衣室を挟んですぐ行けます。

シャンプーや石鹸・ドライヤー・無料のロッカーなども完備してます。
脱水機もあります。

3.岩盤浴

入館料に330円プラスするだけで入れます。

時間無制限のため骨休めにはちょうど良いです。

バスタオルや部屋着も無料で貸してくれます。

4.遊戯ルーム(休憩スペース)

私がこの場所で一番充実していると感じるのが休憩スペースです。

  • 漫画・雑誌読み放題
  • 卓球無料(予約制で30分交代。ラケットボールも貸してくれる)
  • ゆらゆらハンモック
  • 幼児用の滑り台

プールではしゃいでお風呂に入った後に少しくつろぐにはとてもピッタリ

場所柄もあり土日でもあまり混雑していないので

特に小さい子供は安心して遊べます

雰囲気的に和気藹々としてるせいか気がついたら娘がよその子と鬼ごっこしてることもありるくらいです。

全面のガラス窓がとても開放的
尖ったものが少なく小さい子も安心して遊べます。

イベント

主に夏休みなどの長期休みに不定期でイベントが開催されてます。

夏休みの工作教室や宝探し等。

有料ですが意外にこの宝探しに娘はハマってます。

関連情報

  • 駐車場は無料でかなりのスペースがあるため満車になることはないと思います。
  • 入場時埼玉県の方はパパママカード掲示すると小学生以下¥110円で利用可
  • 今回は割愛しましたがコテージ・キャンプ等宿泊サービスもとても充実しております
  • ちなみに2番目に紹介したファンモックから車で20分程度ですので午前中にファンモック、午後からビオパークみたいな組み合わせがおすすめです。

外浦海岸

海大好きっ子集まれ!

基本情報

住所 静岡県柿崎

HP https://shimoda100.com/beach/sotoura/

おすすめのポイント

1.波が穏やか

伊豆には至る所に海水浴場がありますが大きく分けて

2種類の海水浴場があります。

  • 波が立つ(主にサーフィンなどにおすすめ)
  • 波が穏やか(海水浴におすすめ)

これらはどのように見分けると良いのか言えば

両端が山などで囲まれているか

で見分けます。

下田の白浜などはかなり横が開いておりかなり波が立ちます。

-下田 白浜 海水浴場-
-場所によっては穏やかですがサーファーが多い-

子供は特に大きく波が立つ海水浴場は怖がります。

せっかく駐車場にお金払ったのに、子供が怖がって穏やかな波の海水浴場に移らざるを得ない

なんてこともよくあります。

特に少し前に台風などが来ていた場合など波の立ちようは凄まじくせっかく天気いいのに怖くて遊べません。

ただし、双方が山などに囲まれている海水浴場は入口のところで波の勢いが弱まりたとえ前日に台風が来ていたとしてもかなり穏やかです。

外浦の他にも下田では鍋田浜九十浜等がこれにあたり波がとても穏やかな海水浴場です。

2.海が青い

伊豆の中でも下田から南伊豆にかけては沖縄に匹敵するくらい海が綺麗で青いです。

一方宇佐美海岸や伊東などは茶色っぽい(これはこれで綺麗)

-宇佐美海岸-
-波が立つ海岸ではあるがシーズン時でもあまり人がいない穴場-

せっかく伊豆に来たのだから綺麗な海が見たい。

という方は面倒でも下田や南伊豆まで行くことをお勧めします。

-九十浜海水浴場-
-魚が泳いでるのが見えます。-

3.駐車場から近い

外浦海岸の目と鼻の先に駐車場があるため着替えなど車の中で行えます。

ちなみにシャワーは有料のみのため簡易シャワーがあると重宝します。

ちょっと足を洗いたい時等めちゃくちゃ役立ちますよ。

4.シュノーケリング

外浦が人気のシュノーケリングスポットというわけではないのですが、

波があまり立たないため子供が顔をつけたり息継ぎの練習をしたり、

泳いでる魚を見ることでとても海に親しみを感じます。

特に魚を見つけた時などは感動して本当に時間を忘れて夢中になります。

伊豆は南に行けば行くほど綺麗な魚が多くなる

磯遊びの時なんかにすごくいですよ


関東の遊び場所5選

いかがでしたでしょうか。

今回は夏にかけて特におすすめな関東遊びスポットを紹介しました。

個人的に一番お勧めなのは

吾妻峡です。

理由はこの写真にあるように子供がイキイキとして本当ぉーに!楽しそう!!だからです。

水着の準備もお忘れ無く

みなさんも是非体験してみてください!